物件内見時あるある

公開日:

カテゴリー: Room's Barは八王子駅南口にあります。売買担当ハマグチのブログ | 信頼される不動産屋さんを目指して | 八王子駅・京王八王子駅の不動産のこと  タグ: 


八王子は大分暗くなってきました。

日の入りが早くなってきましたね

我々は日々、写真撮影や内見で空室の物件に行くことが多いです。

するとよくこんな場面に出くわします。

・物件の窓が開きっぱなし

戸建ては特に雨戸がスライド式だったりすると閉め忘れて更に窓まで前回のケースが多いです。

夏は全部の窓を開け放ち少しでも熱を逃さないと、とても内見できません^^;

で、全開にしてご案内が終わると次の物件に頭がいきがちになり、つい窓を締め忘れてしまう。。。

ゲリラ豪雨の翌日に内見したときにも窓全開で焦ったのですが、奇跡的に雨の降り込みがなく、お部屋が汚れてなかった時もありました。

 

続いて。。。

キーボックスが開かない!

キーボックスとは、暗証番号の鍵を入れるボックスを現地に設置し、内見する業者にだけ暗証番号を伝えご内見をスムーズにする不動産業者の便利アイテム、ただ、たまにボックスの開きが悪く鍵が取り出せないときがあります(T_T)

このブレブレ写真はボックスが開かず、ボックスを振りながら写真撮ってました、私の焦り具合がよく伝わると思います。。。

このキーボックスはマンションの大規模修繕でペンキがスライドの溝に入って張り付いてしまっていたようで、5分位降ったり、指でなんとかスライドさせようと力を入れてようやく開きました。。。

この状態に陥るとお客様も『何やってんだよ!』って思っちゃうでしょうし、とても気まずい雰囲気になり、成約率が一気に下がります(苦笑)

 

そもそもキーボックスに鍵が入ってない!

最悪はこのケース、前のご案内業者が慌ててしまい忘れて持っていってしまったり、ひどかったのはオートロック付きのマンションで玄関ドアに鍵を刺したまま出ていってしまい、私が管理人さんに謝って鍵を受け取った時もありました(T_T)

 

長年、不動産屋さんをやっているとよくあるケースなんですが、後で色々な方や業者さんにご迷惑をかけてしまうので、私は指差し確認しながら戸締まり・消灯・鍵を元の場所に戻すことを心がけています。

 

お客様にも慌てた姿を見せるのはかっこ悪いですからね(-_-;)

 

 

ルームズバー売買版ホームページはこちらをタップしてください