住宅ローン減税・すまい給付金・ポイントなど

公開日:

更新日:2018/12/16

カテゴリー: Room's Barは八王子駅南口にあります。売買担当ハマグチのブログ | 住宅ローンのこと | 信頼される不動産屋さんを目指して | 全国の信頼できる不動産屋さん | 八王子駅・京王八王子駅の不動産のこと  タグ: 


八王子は昼間からずっと寒かったですね

平成30年12月15日 夜のルームズバー店頭です

今夜のルームズバー店頭です

平成30年12月15日 夜のとちの木通りです

今夜のとちの木通りです

 

さて、昨日2019年度の与党税制改正大綱が決まりましたね。

来年10月に8%→10%に引き上げられる消費税増税の反動が少なくなるようにいろいろな分野への税改革が盛り込まれています。

不動産業界では『住宅ローン減税期間10年→13年に延長』・『すまい給付金金額拡充・年収要件緩和』・『省エネ・耐震性能が高い住宅の新築・改築にポイント』の3点が大きなところですね。

まず『住宅ローン減税』は現行10年間で最大400万円(認定住宅は500万円)が所得税などから差し引かれる制度

10年超期間の住宅ローンを借り入れ、年末の住宅ローン残高が1000万円以上残であること、物件の条件などを満たせば適用できるので利用者も多いハズ。

これが減税期間13年に延長されるのですが、条件は『2019年10月から2020年末の間に契約し入居する場合』もしくは『注文住宅で2019年4月以降契約で10月以降に引き渡される物件』が対象とのこと。

3年間延長分の減税方法も『購入価格の2%分を3頭分した額』『10年目までの仕組みを延長』『金額が少ない方』が採用というややこしいもの。

減税額を抑えるためにこういう方式みたいですが、もともと満額で減税を受けられる方も一部ですし、金利の上昇などで減税分は簡単にすっ飛んでしまう場合もあるので、総合的な判断が必要ですかね。

 

むしろ『すまい給付金金額拡充・年収要件緩和』の方がすぐ恩恵を受けられる方が増えるのでいいかも。

すまい給付金』とは一定額以下の収入の人が基準を満たす物件を購入された際に一時金を渡す制度で現行は収入額の目安510万円・支給金額最大30万円ですが消費税率10%になると収入額目安775万円・支給金額最大50万円まで拡充されるというもの。

これはかなり対象の方が増えると思うので上手に活用していきたいですよね。

『省エネ・耐震性が高い住宅の新築・改築にポイント』はまだこれから検討みたいですけど、2015年に実施された『住宅エコポイント』制度みたいになるんでしょうかね?

あのとき新築戸建をご購入いただいたお客様は30万エコポイントでエアコンつけてましたね。

 

増税してるのにこんなに大盤振る舞いしちゃっていいの?なんて疑問が湧いてきますが、せっかく使える制度なら使ったほうがお得なので、住宅購入の際の参考にされてみてはいかがでしょうか?

なお、どの制度も適用条件がありますので、よくご確認頂ますようお願いいたしますm(_ _)m

 

平成30年12月15日 夜のルームズバー店内です。

今夜のルームズバー店内です

 

八王子駅・京王八王子駅の不動産情報を日々更新!ルームズバー売買HPはこちら

ルームズバーの営業スタッフはこんな感じ(^^)スタッフ紹介はこちら

お問い合わせはお気軽にメールでどうぞ