給湯器の凍結故障は有償!?

公開日:

カテゴリー: Room's Barは八王子駅南口にあります。売買担当ハマグチのブログ | 信頼される不動産屋さんを目指して | 全国の信頼できる不動産屋さん | 八王子駅・京王八王子駅のマンション | 八王子駅・京王八王子駅の不動産のこと | 八王子駅・京王八王子駅の中古戸建  タグ: 


八王子は終日寒くなり夜は一段と冷えますね。

平成30年12月9日 夜のルームズバー店頭です

今夜のルームズバー店頭です

平成30年12月9日 夜のとちの木通りです

今夜のとちの木通りです

 

さて、寒くなってくると増えてくるのが『給水・給湯配管凍結』による給湯器の故障

居住して使用中であれば給湯器の電源が入っているはずなので、外気温が下がっても自動的に機器内を保温するヒータ(給湯側)と自動ポンプ運転装置(ふろ側)が作動し東京で寒いイメージの八王子でも、そうそう被害はないのですが、それでも相当冷えた日は配管内の水が凍ってしまい配管を破損してしまうことが(T_T)

空室のアパートなどの場合は最近はスマートメーターの普及でしっかり東電さんに電気を切られてしまうのでヒーターが作動せず、配管内に水が残っていることが多いため故障してしまうケースを何度も見ています。

建物北側や風通しのいい場所に配置されている給湯器は特に注意が必要ですね。

で、給湯器メーカーのホームページを見ていると『凍結』による破損・故障は保証対象外で有償修理になってしまいます。

最悪の場合には給湯器交換になってしまう場合もあり、かなりの出費となってしまいます。

ですのでこの時期の空室・空家は基本料・使用料はかかってきますけど電気を通電し給湯器のヒーターが作動するようにブレーカーを上げてコンセントも差し込んでおいたほうが結果的に少ない負担で済むのでないかと思います。

ご内見時に電気がつくと内見しやすいですしね(^^)

特に売却中の戸建・マンションで引き渡してみたら給湯器が凍結故障していたというケースは割とあるので後々のトラブルを避ける意味でもオススメです。(基本的には引き渡し前にチェックしますが、どうしてもタイムラグができるのでこういうケースも有りえます。)

空家を売り出し中の方はこの時期、給湯器の状況を確認されてみてください。

平成30年12月9日 夜のルームズバー店内です

今夜のルームズバー店内です

ルームズバー売買版ホームページはこちらをタップしてください

弊社スタッフ紹介のページもぜひご覧ください

お問い合わせはメールでどうぞ

お問い合わせはメールでどうぞ