【地番】とは?

公開日:

カテゴリー: Room's Bar 八王子駅南口 | 不動産用語集 | 信頼される不動産屋さんを目指して | 信頼できる不動産屋さん | 八王子 マンション | 八王子 不動産 | 八王子 中古戸建 | 八王子 売土地 | 八王子 新築戸建  タグ: 


八王子は日中も暖かく、もう春の陽気ですね。

2020年2月21日 夜のRoom's Bar店頭です

2020年2月21日 夜のRoom’s Bar店頭です

2020年2月21日 夜のRoom's Bar前聖火リレーコースです

2020年2月21日 夜のRoom’s Bar前聖火リレーコースです

 

さて、今夜は久々に【不動産用語シリーズ】

今日の用語は【地番】です。

土地・戸建て・マンションでも購入・売却する際に契約書・重説で必ず『物件の地番が何番か』のご説明があります。

地番とは『土地の一筆(登記簿上で一つの土地とされているものの単位)ごとに付けられた番号』のことです。

 

地番

地番

 

購入・売却する土地は必ずしも一筆とは限らず2つ以上の筆に分かれている場合もあります。

地番2筆の土地

地番2筆の土地

 

地番は主に不動産売買や登記、税金など公的に使用されるもので、郵便などが届く『住居表示』はその建物につけられた番号になりますので、地域によっては地番と住居表示が別になることは往々にしてあります。(下のように)

地番:八王子市〇〇町△△番地

住居表示:八王子市〇〇町✕✕丁目▽▽号

地番と住居表示が別々の場合

地番と住居表示が別々の場合

 

日常生活で『地番』を意識することは、まず有りませんが所有不動産の固定資産税などの納税通知書や新築戸建の図面には住居表示がまだ決まってなく『地番』で表記されている場合が多いですね。

新築戸建の図面に『カーナビは〇〇町〇〇番〇〇号でセットしてお越しください』と記載がある時には、現地に以前建っていた取り壊した家屋の『住居表示番号』が表記されている場合が多いですね。

地番と住居表示の違いを覚えておくと、販売図面を見るときや重説・契約書の説明時にわかりやすいと思いますよ(^^)

2020年2月21日 夜のRoom's Bar店内です

2020年2月21日 夜のRoom’s Bar店内です

新着・値下げ情報もメールで週5日お届けしてますので『会員登録』も是非お願いいたしますm(_ _)m

Room’s Bar売買担当の濱口が毎日2回書いてます。ぜひご覧ください。

八王子の賃貸を20年以上ご紹介しています。そんな中川のブログはこちらからどうぞ

Room's Bar専任オススメマンションです!790万円に値下げしました!詳細はこちらからご覧ください

Room’s Bar専任オススメマンションです!790万円に値下げしました!詳細はこちらからご覧ください

毎月開催します。詳しくはこちらからご覧ください。