恐怖の『ぼっこり』

公開日:

カテゴリー: Room's Bar 八王子駅南口 | 信頼される不動産屋さんを目指して | 信頼できる不動産屋さん | 八王子 不動産 | 娘のこと妻のこと家族のこと | 悪性リンパ腫 | 病気のこと  タグ:  |


八王子はすっかり真っ暗

令和元年11月8日 夜のRoom's Bar店頭です

今夜のRoom’s Bar店頭です

令和元年11月8日 夜のRoom's Barイマソラです

今夜のRoom’s Barイマソラです

 

いきなりですが、私が2年前に喉のリンパが原発の悪性リンパ腫で闘病していたことは度々、このブログでも書かせてもらってます。

で、病気が発覚する前の自覚症状で

・いきなり高熱が出る

・急激に体重が落ちる

・喉に突き刺すような痛みが出て息を吸っても痛い

があり、抗生物質を2週間飲んでも効き目がなく耳鼻科で喉の中をスコープで覗いてもらったら、喉の悪性リンパ腫特有の【左右のリンパのどちらかがぼっこり腫れる】という症状が見えて大学病院へ行き。。。という流れでした。

で、昨日の夕方、いきなり熱が38度まで出てきて早めに寝ましたが、寝汗びっしょり、喉にチクチク痛みがある。。。と嫌な感覚が。。。

『大丈夫、あのときの喉の痛みはこんなもんじゃなかった!』

『大丈夫、体重は全く落ちてない!』

『再発なんかしてたまるか!娘も小さいからまだ死ねないんじゃ!』

布団の中でこんな事をひたすら考えてました。

朝になり、熱は平熱に下がったのですが喉はたまにチクチク痛むので、仕事が終わってから会社近くの耳鼻科へ。

2年前の経緯を話し、スコープで覗いてもらったら。。。

『ん~、大丈夫だよ、リンパも腫れてないからただの咽頭炎だね~』

うわー!良かったー!(T_T)

後でスコープの映像を見せてくれましたが、リンパに腫れもなく、あのときのゾッとするような『ぼっこり』もありませんでした。

ホッと胸をなでおろし、会社に戻り、このブログを書いてます。

寛解してから約2年が経ちますが、5年は経過観察の身です。再発の恐怖はいつも頭のどこかにあるので、喉の調子が悪いとナーバスになってしまいます。

これからもこういう時があると思いますが『大丈夫!』と強く自分に言い聞かせて乗り越えていくしかないですね。

後3年、経過観察が終わるまで再発しないでやりきるしか無い!

 

令和元年11月8日 夜のRoom's Bar店内です

今夜のRoom’s Bar店内です

Room’s Bar売買担当の濱口が毎日2回書いてます。ぜひご覧ください。

八王子の賃貸を20年以上ご紹介しています。そんな中川のブログはこちらからどうぞ

週5日、八王子駅周辺の不動産新着・値下げ情報をメールでお届けできます。『非公開情報』も見れるようになります

Room's Bar専任マンション 空室なのでいつでもご内見できます

Room’s Bar専任マンション 空室なのでいつでもご内見できます

毎月開催します。詳しくはこちらからご覧ください。