売却ご検討中の方

この度はルームズバー売買ホームページを御覧いただきまして、誠にありがとうございます。

こちらのページを御覧頂いている方は、不動産の売却についてお考え中のことと思います。

お客様の大切な不動産をどちらかの不動産会社に売却依頼される前に、こちらをお読みいただいて少しでもお力になれれば幸いでございます。

弊社代表中川(右)と売買担当濱口(左)です。

 

『大手不動産会社では他の不動産会社に物件紹介してくれないことも。。。』

 

皆様が『不動産を売ろうかな』と考えた際に、パッと浮かぶのは、やはり『大手の不動産会社さん』、全国でCMしてますしチラシもたくさんポストに入ってくるので早く売れるんじゃないか?と当然お考えになりますよね。

でも、実際には。。。

 

不動産会社が売主より売却依頼を受けた場合、依頼を受けた不動産会社はレインズ(不動産会社間の流通システム)などに掲載し、売主のために適正な価格でなるべく早く成約を目指さなければなりません。

他の不動産会社さんにも売却依頼があったことをお伝えし『適正価格で早く』売却できるように活動するのが当たり前の義務になります。

ですので、不動産取引は『売主』(売主側不動産会社)-成約-『買主』(買主側不動産会社)となるのが基本です。

 

この取引により売主側・買主側不動産会社はそれぞれの依頼主(売主・買主)から『物件価格の3%+6万円(消費税別)』を上限に仲介手数料をいただきます。

自社で売主・買主とも仲介できた場合に限り双方から『物件価格の3%+6万円(消費税別)』を上限の仲介手数料をいただくことができます。(これを業界では両手取引といいます)

 

 

そこで大手不動産会社さんの考え方として浮かんでくるのが。。。

『売却依頼を受けた物件は自社のみで営業活動を行い、他の不動産会社には紹介せず自社で売主・買主双方から仲介手数料をいただくため紹介させない』ということです。

 

実際に大手不動産会社さんの1取引あたりの平均仲介手数料は5%を超えているところが多いのです。ということはほとんどが両手取引(売主・買主双方から仲介手数料をいただく取引)になるということです。

でも、そこまで大手さんだけで契約をまとめきれるのはなぜでしょうか?

 

私達が購入希望のお客様にピッタリの物件をレインズで見つけたときに、大手さんが媒介業者(売却依頼を受けている不動産会社)だと、『すでに商談中です』とか『売主がなかなか時間が取れず内見できない』などの理由で、なかなか紹介させてくれないことが多々あります。

それなのに、その物件情報はそのまま残っていて、だんだん価格が値下げされ。。。で、再度確認しても同じ理由で紹介させてくれない。。。

なかなか売れずに困っている売主がこの現状を知っているのか?と勘ぐりたくなることも一度や二度ではありません。

こうして、長期間かかっての売却になってしまったり価格を大きく下げて買取業者に売却したりというケースを売却経験のあるお客様から聞くことがよくあります。

もしかして、別の不動産会社だったら適正な価格でもっと早く売却できていたかもしれないのに。。。

 

 

売主にも買主にも喜んでもらえるお取引を仲介するのがルームズバーは当然の事と考えています!

ですので、弊社は

『売主に適正な売却価格をご提示し、売却活動を行い、早期に買主を見つけ成約すること』

をモットーに活動していきます。

 

もし、

・不動産売却を検討しているけど、どこの不動産屋に任せればいいかわからない

・今、売却中なんだけどなかなか売れずに困っている

・ご案内が全然入らず、媒介業者からも何の連絡もない

などのお悩みをお抱えであれば、一度、弊社にご相談されてみませんか?

まずはメールでお問い合わせ承っておりますのでお気軽にどうぞお問い合わせください。

 

メールでお問い合わせはこちらからどうぞ

 

お電話でのお問い合わせご希望の場合は

042-625-6446

毎週水曜日定休日・営業時間10:00~18:00

 

お問い合わせお待ち致しております。